八幡南、延長制し初4強 東海大五、飯塚に逆転勝利

西日本新聞

【飯塚-東海大五】1失点で完投勝利し、ナインと笑顔でタッチを交わす東海大五の田中(左から2人目) 拡大

【飯塚-東海大五】1失点で完投勝利し、ナインと笑顔でタッチを交わす東海大五の田中(左から2人目)

 第97回全国高校野球選手権福岡大会の県大会は24日、小郡市の市野球場で準々決勝2試合があり、東海大五と八幡南がいずれも接戦を制し、準決勝に進出した。4強入りは八幡南が初、東海大五は5年ぶり。シードの飯塚と対戦した東海大五は八回に逆転し、2-1で競り勝った。八幡南は0-0で迎えた延長十回に1点を挙げ、希望が丘を下した。25日には朝倉-九州国際大付、小倉-東筑の準々決勝2試合がある。

=2015/07/25付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ