8回貴重な適時二塁打 松田

西日本スポーツ

 松田が相変わらずの勝負強さを発揮。適時二塁打で貴重な追加点をたたきだした。1点リードの8回2死一塁、塚原の直球を捉えると、打球は左中間フェンスに直撃。代走の川島が一気に生還した。「2死だったし、後ろにつなごうと必死だった」。今季はここまで22本塁打をマークするなど好調だが、球宴後はこの試合前まで3試合で計10打数1安打。前日24日は2併殺とやや状態を落としていた中での快音だった。「ゴロアウトが多く、なかなか打球が上がらないという感覚だった。でも、僕は1本出ると上向くタイプ」。試合後は、開幕時に今季の目標に掲げたシーズン10度目のお立ち台へ。笑顔でお決まりのフレーズを絶叫してスタンドを沸かせた。

=2015/07/26付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ