福岡第一初V 玉竜旗女子剣道 大将同士で麗澤瑞浪破る

西日本新聞

 平成27(2015)年度玉竜旗高校剣道大会第3日は26日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で女子の決勝があり、福岡第一が麗澤瑞浪(岐阜)を破って、初優勝を飾った。

 ともに初の決勝進出となった両校の戦いは、福岡第一の先鋒、三木あずみ(3年)が1人を抜いて相手次鋒と引き分けた。次鋒の坂本彩花(同)、中堅の柿元朝陽(2年)も引き分けてリードを保った。麗澤瑞浪の大将に副将が敗れたが、井手璃々華(1年)が大将同士の戦いで1本勝ちした。井手は6回戦の錦江湾(鹿児島)戦、準々決勝の島原(長崎)戦で逆転の2人抜き。準決勝の守谷(茨城)戦でも大将同士の戦いを制した。

=2015/07/26 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ