粘投7回1失点も内容は反省しきり 寺原

西日本スポーツ

5回無死、岩崎の打球にグラブを出す寺原 拡大

5回無死、岩崎の打球にグラブを出す寺原

 寺原が最少失点で粘った。6月20日の日本ハム戦以来、約1カ月ぶりの先発で7回1失点。3回に先頭のヘルマンを歩かせ、中島に右前適時打を浴びたこともあり「3人で終われたイニングは少ない。内野手のいいプレーに助けられた」と反省しきりだった。投げ合ったオリックスの近藤とは同い年で、2001年夏の甲子園をともに沸かせた。「向こうも気合が入っていたと思う」と振り返った。

=2015/07/27付 西日本スポーツ=