連覇狙う九州学院が3回戦へ 玉竜旗男子 第4日

西日本新聞

【男子2回戦・三好‐諫早】小林(三好・左)から面を奪う松竹(諫早) 拡大

【男子2回戦・三好‐諫早】小林(三好・左)から面を奪う松竹(諫早)

 平成27(2015)年度の玉竜旗高校剣道大会4日目の27日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で男子の部が開幕した。全国から予定通りの555チームが出場し、この日は1回戦と2回戦の一部があった。九州勢では、連覇を狙う九州学院(熊本)をはじめ、福岡大大濠、三養基(佐賀)、大村(長崎)、大分、宮崎日大、樟南(鹿児島)などが3回戦へ駒を進めた。

 懸念された台風12号の影響はなく、会場には大勢の観客が詰め掛けた。開会式では九州学院の槌田祐勢主将(3年)が「一瞬一瞬に魂を込め、記憶に残るような、気迫あふれる玉竜旗らしい試合をすることを誓います」と選手宣誓した。

 28日は、2回戦の残りから4回戦までがある。

=2015/07/27 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ