創成館、悲願の甲子園

西日本新聞

夏の甲子園初出場を決めマウンドに駆け寄る創成館の選手たち 拡大

夏の甲子園初出場を決めマウンドに駆け寄る創成館の選手たち

 第97回全国高校野球選手権長崎大会は27日、長崎市の県営野球場で決勝があり、4年連続第1シードの創成館が連覇を目指した海星を7対3で破り、夏の甲子園初出場を決めた。

 先制した創成館は一時、逆転を許すも、四回に中島巧の犠飛で勝ち越し。またも同点とされたが、五回に嶋田の右本塁打などで3点を挙げ、昨年の王者海星を突き放した。投げては六回から登板した水永が海星打線を無失点に抑え、悲願の初優勝を決めた。

 海星は三回、無死満塁の好機に高山の右前適時打などで逆転。勝ち越された五回にも本田の右前適時打で同点としたが、一歩及ばなかった。

 全国大会は8月6日に開幕する。

=2015/07/28付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ