九国ナイン「日本一目指す」 甲子園へ向け、壮行会で決意

西日本新聞

全校生徒に迎え入れられる九州国際大付の選手たち 拡大

全校生徒に迎え入れられる九州国際大付の選手たち

 第97回全国高校野球選手権大会に2年連続で出場する九州国際大付の壮行会が30日、八幡東区の同校体育館であり、岩崎魁人主将(3年)が「昨年は悔しい思いをして敗れた。日本一を目指して頑張りたい」と健闘を誓った。

 選手たちは、県大会の優勝旗を持った岩崎主将を先頭に入場。在校生約1500人と教職員に拍手で出迎えられた。伊東正和校長は「県大会では苦しい試合もあったが、決してあきらめない野球で勝ち上がってきた。甲子園での活躍を期待している」と激励した。

 岩崎主将は「皆さんの声援のおかげで甲子園の切符をつかめた。目指す野球は甲子園でも変わらない。応援をよろしくお願いします」とあいさつした。

 選手たちは8月1日、兵庫県の甲子園球場に向けて出発。3日に組み合わせ抽選があり、6日に開会式を迎える。

=2015/07/31付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ