宮崎日大ナイン「勇気と感動を」 副知事訪ね、健闘誓う

西日本新聞

稲用副知事(右)に健闘を誓った宮崎日大の選手たち 拡大

稲用副知事(右)に健闘を誓った宮崎日大の選手たち

 第97回全国高校野球選手権大会(6日開幕、甲子園)に宮崎県代表として出場する宮崎日大(宮崎市)の選手や監督が31日、県庁を訪問し、稲用博美副知事に健闘を誓った。

 同校は18年ぶり2度目の出場。吉野祥平主将(3年)と榊原聡一郎監督など計6人が訪れ、吉野主将が「県代表の自覚を持って、県民に勇気と感動を伝えられるようプレーします」と意気込みを語った。

 稲用副知事は「県民悲願の優勝をぜひとも果たしてほしい。楽しんできて」と激励した。

 選手たちは1日夜、宮崎港から神戸港行きのフェリーで出発する。

=2015/08/01付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ