明豊選手、気持ち高ぶる 甲子園で開会式リハ

西日本新聞

開会式リハーサルで入場行進をする明豊の選手たち 拡大

開会式リハーサルで入場行進をする明豊の選手たち

 第97回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが5日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、県代表の明豊の選手は、一歩一歩グラウンドの土を踏みしめながら気持ちを高ぶらせた。大会は6日に開幕する。

 リハーサルには全国の代表49校が参加。北から順に行進を始め、明豊は46番目に登場した。選手たちは緊張した表情を見せながらも元気に行進し、甲子園の雰囲気を確かめていた。片山翔馬投手(3年)は「ここで試合ができるかと思うとわくわくする。早く投げたい」と胸を高鳴らせていた。

 リハーサル後は、神戸市の神戸弘陵高グラウンドで練習に汗を流した。

=2015/08/06付 西日本新聞朝刊=

PR