九州学院、堂々と行進

西日本新聞

開会式で入場行進する九州学院の選手たち 拡大

開会式で入場行進する九州学院の選手たち

 第97回全国高校野球選手権大会が開幕した6日、県代表の九州学院は開会式で、「高校野球100年」の節目を迎えた甲子園の地を堂々と入場行進した。

 代表49校中、45番目に登場した九州学院の選手たちは、スタンドの約3万5千人が見守る中、立山皓祥(こうよう)選手(3年)の掛け声に合わせて、しっかりと足並みをそろえて歩き、大歓声を浴びた。

 立山選手は「県の代表として恥じない行進をしようと、大きな声を出した。開会式から勝負のつもりで、びしっと行進できたと思う」と笑顔を見せた。中原力也主将(3年)は「人の多さにびっくりした。初戦まで集中力を切らさずに勝ちに行きたい」と決意を述べた。

 九州学院は、大会7日目(12日)の第2試合(午前10時半開始予定)で、遊学館(石川)と対戦する。

=2015/08/07付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ