島袋最速147キロ2軍戦デビュー

西日本スポーツ

2軍戦で初登板した島袋 拡大

2軍戦で初登板した島袋

 ドラフト5位左腕の島袋が7日、初めて2軍戦に登板した。ウエスタン・中日戦(雁の巣)で9回に登板し、1イニングを被安打1の無失点。18球のうち16球が真っすぐで、最速147キロを計測した。「3軍とは違う緊張感があって、投げ終わった後に疲れがドッときた」と、初の公式戦を笑顔で振り返った。春先まで制球に苦しんだが、フォームを見直すなどしてこの日の与四死球はゼロ。「やっと始まったばかり。このチャンスを逃がさないようにしたい」。沖縄・興南高時代に甲子園で春夏連覇を達成したトルネード左腕が、ようやくスタートを切った。

=2015/08/08付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ