2年連続30セーブ サファテ

西日本スポーツ

 守護神サファテが、2年連続30セーブをマークした。1点リードの9回に登板。先頭のブランコに対し、いきなり3ボールとしたが、2ストライクを奪うと最後は154キロの直球で空振り三振に切った。続く代打ヘルマンも空振り三振に切り、最後は岩崎を遊ゴロ。「打線が相手のエースから1点を取った。いつものように3アウトを取ることだけ考えた」。プロ野球記録の連続奪三振イニングも33に更新した。

=2015/08/19付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ