上林ほろ苦 初スタメン 4打数無安打

西日本スポーツ

2回2死、強烈な打球を放つも遊直に倒れた上林 拡大

2回2死、強烈な打球を放つも遊直に倒れた上林

 2年目の上林はほろ苦いプロ初スタメンとなった。今夏の甲子園で準優勝した母校・仙台育英高にも近いコボスタ宮城で「8番左翼」のフル出場。2回の第1打席で逆方向へ放ったライナーは遊撃西田にジャンプ一番で好捕され、「何で捕られるんですかね…。捉えていたんですけど」と苦笑い。戻ったベンチでは「いい感じや~!」と励まされたが、7回のバットを折られての二ゴロなど4打数無安打。プロ初安打はまたお預けとなったが「内容は悪くなかった。冷静だったし、雰囲気にも慣れてきた」と前を向いた。抜てきした工藤監督は「経験して、大きくなってほしい」と今後の成長に期待を寄せた。

=2015/08/23付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ