工藤監督 西戸崎訪れ直接指導

西日本スポーツ

日高(右)を指導する工藤監督 拡大

日高(右)を指導する工藤監督

 工藤監督が西戸崎合宿所を訪れ、2軍とリハビリ組の練習を視察した。ブルペンで立ち投げを行ったリハビリ中のドラフト1位ルーキー松本もチェック。投げた後に助言し、トレーニング室にこもってタオルを使いながらフォームを指導した。「(投球を見るのは春季)キャンプ以来だね。下半身と腕の連動について話した。体の動きは連動が何より大切だから」。故障の影響で2軍調整中の細川や長谷川とも会話し、現状を確認していた。

=2015/08/28付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ