6試合連続で被弾 猛省「止めないと」 中田

西日本スポーツ

 中田が6試合連続被弾を猛省した。4点リードの6回無死二塁でウィーラーに浮いたスライダーを左翼席に運ばれ、2点差に詰め寄られた=写真。「僕が許した本塁打がなければ、1点差で勝っている。走者がいる場面で打たれているし、止めないと」。今季16本の被本塁打は、中日時代の2006年に並ぶ自己ワースト。7回3失点と試合はつくったが、2番手森の乱調で約1カ月ぶりの白星も消えた。

=2015/09/05付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ