中止も前向き 松田

西日本スポーツ

 優勝への歩みを止める中止も、選手は前向きに捉えた。この日は遠征先の札幌から空路仙台入り。直接、球場入りしたが、到着した時点で中止が決定していた。選手会長の松田は「こればかりは仕方ない。いい方向に受け止めて、しっかり休みたい」と話した。球場は10日からの大雨の影響で外野の部分がほぼ水没。球場内のブルペンやベンチも使用できない状態だったという。最短Vが1日延びて15日のオリックス戦となったことには「14日だと試合がなく、胴上げをどうするかモヤモヤしていた。よかったです」と話した。

=2015/09/12付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ