福田 決勝2点三塁打

西日本スポーツ

 福田が手痛いミスをバットで取り返した。1点リードの9回から右翼守備で出場。2死二塁で牧田のライナー性の打球を処理しようとして、照明が目に入り後逸した(記録は三塁打)。「とにかく体に当てようと思ったけど…。あれは絶対に前に落とさないといけない」。このプレーで同点とされたが、直後の延長10回2死一、二塁で中越えに勝ち越し2点三塁打。「何とか打ってやろうと気持ちでいった」と汚名を返上した。

=2015/09/14付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ