一時勝ち越し犠飛 内川

西日本スポーツ

 内川が一時勝ち越しとなる右犠飛を放った。同点の3回無死満塁。大嶺祐の内角低め直球を逆方向にはじき返した。「追い込まれた中で、フライが上がったのは良かった」。自らに及第点を与えながらも「8年連続の(打率)3割が懸かっているので欲を言えば安打を打ちたかった」と本音もチラリ。残り15試合、仮に1試合4打席とすると、60打数26安打の1試合1・7安打ペースで3割に届く。

=2015/09/19付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ