名球会来年1月ヤフオクDでイベント 王顧問や長嶋氏、ゴジラも参加

西日本スポーツ

 日本プロ野球名球会は8日、東京都内で記者会見を開き、プロ球界にその名を刻んだ会員の指導や紅白戦を通して野球の魅力を伝える「名球会ベースボールフェスティバル2016」を、来年1月11日に福岡市のヤフオクドームで開催すると発表した。

 ソフトバンク球団会長の王貞治顧問や長嶋茂雄氏、松井秀喜氏、野茂英雄氏ら、ほぼ全会員が参加予定という。2020年東京五輪の追加種目選定で野球・ソフトボールは国際オリンピック委員会に提案されることが決定。山本浩二理事長は「これまでにないスケールのイベント。裾野の拡大と野球熱復活の一歩にしたい」と説明した。

 日本ソフトボール協会も協力し、北京五輪でエースとして日本を金メダルに導いた福岡市出身の上野由岐子(ビックカメラ高崎)も参加する予定だ。少年少女の野球・ソフトボール教室、ホームラン競争、ソフトボール選手と会員の対戦などを実施。セ・リーグとパ・リーグに分かれての紅白戦では「夢対決」もある。王顧問は「20年へ向けてアピールし、青少年に関心を高めてもらうきっかけとなれば」と語った。 (手島 基)

=2015/10/09付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ