ソフトバンクが2年連続日本一へ王手 日本シリーズ3勝目

西日本新聞

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2015は28日、東京都新宿区の神宮球場で第4戦が行われ、福岡ソフトバンク(パ・リーグ優勝)が、ヤクルト(セ・リーグ優勝)に6-4で競り勝ち、対戦成績を3勝1敗とし、球団史上初の2年連続日本一に王手をかけた。

 ソフトバンクは一回に4番李大浩の適時打で先制。三回には李大浩の走者一掃の適時二塁打などで4点を奪い、六回には細川亨のソロ本塁打で着実に加点した。投げてはエースの摂津正が力投。救援陣もヤクルトの反撃をしのいで逃げ切った。

 日本シリーズはどちらかが4勝した時点で終了する。29日の第5戦は神宮球場で午後6時15分開始のナイターで行われる。

=2015/10/28 西日本新聞=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ