「森福2世」になる! 児玉に指名あいさつ 育成2位

西日本スポーツ

福岡ソフトバンクから育成2巡目指名を受けた神奈川大の児玉 拡大

福岡ソフトバンクから育成2巡目指名を受けた神奈川大の児玉

 目指すは森福2世! 福岡ソフトバンクから育成2位指名を受けた児玉龍也投手(22)=神奈川大=が30日、横浜市の同大で指名あいさつを受けた。福岡・九州国際大付高出身で最速145キロのサウスポーは「中継ぎエースになるつもりで頑張りたい」と、現在のホークスに手薄な救援左腕としての活躍を誓った。

 日本シリーズ連覇の翌日の指名あいさつ。「日本一強いチームに入ることができて、頑張ろうという気持ち」と決意を新たにした。ホークスは今シリーズで登板の10投手が全て右腕。左腕はチームの数少ない強化ポイントだ。児玉は本来スリークオーターながら、球団に「森福のような変則タイプの左腕になってほしい」と伝えられ、現在はサイドスローにも挑戦中だ。

 高校時代は2011年春の甲子園で準優勝を経験したが、エースの三好匠(楽天)の控えの立場で登板機会はなかった。正捕手だった高城俊人(DeNA)も含め、目標は同級生と同じ舞台に立つこと、「2人は雲の上の存在だったけど、チャンスをもらえたので戦いたい」。支配下登録を勝ち取り、夢を実現させる。 (伊藤瀬里加)

=2015/10/31付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ