寺原も工藤式トレ 1セット1時間を3セット

西日本スポーツ

 今秋キャンプに参加した投手陣では最年長の寺原も、工藤監督にトレーニングの指導を受けた。ウオーミングアップが終わると、指揮官に連れられて筋トレ場へ。股関節回りの筋肉や、体幹を鍛えるメニュー8種目を教わった。緩やかな動きで負荷を高める動作が多く、1セットに約1時間を費やした。計3セットを終えた32歳右腕は「本当にきつい。でも、教えてもらってありがたいし続けていく」と意欲満々だ。

 昨年の右膝手術から復活した今季は先発と中継ぎの“二刀流”で8月25日のロッテ戦で8勝目をマーク。ただそれ以降状態を落として白星を挙げられず、4年ぶりの2桁勝利を逃した。「このトレーニングで体幹などを強化できれば、膝に負担がかからない投げ方に近づけると思う。先発、中継ぎのこだわりはないが、来年は2桁勝利を達成した上で貯金をつくりたい」と闘志を燃やしていた。

=2015/11/05付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ