柳田右肘手術へ 遊離軟骨除去

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手(27)が、近日中に右肘の遊離軟骨除去手術を受けることが分かった。宮崎で秋季キャンプ中の工藤監督は12日、柳田について「肘の話は聞いている。手術すれば、春のキャンプで(全力で)スローイングするのは難しい」と話した。一般的にはスローイング再開まで2カ月程度を要するとされ、来季の開幕には間に合う見込みだ。

 今季は打撃でトリプルスリーを達成し、守備ではゴールデングラブ賞を獲得した柳田だが、右肘には以前から不安を抱えていた。現在は左大腿(だいたい)骨内顆部(かぶ)骨挫傷のため「プレミア12」の出場を辞退し、7日から西戸崎合宿所でリハビリ中。11日には「技術はすぐに高くはならないので、このオフは体を強くして、さらにレベルアップできるようにしたい」と話していた。

=2015/11/13付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ