タカ武田投手が病院慰問 子どもにクリスマスプレゼント

西日本新聞

 プロ野球福岡ソフトバンクホークスの武田翔太投手(22)が16日、福岡県久留米市の聖マリア病院を訪れ、小児病棟のクリスマス会に参加。一緒に絵を描いたり、サインボールをプレゼントしたりした。

 今季チーム最多の13勝を挙げる活躍を見せた武田投手。質問コーナーでは対戦したくない選手を尋ねられ、笑いながらチームメートの柳田悠岐外野手の名前を挙げるなど、楽しい時間を過ごした。

 「来年の目標は最低15勝。僕のかっこいい姿を見せたいので、元気になってドームに来てください」。最後は子どもたちに力強い直球でエール。

=2015/12/16 西日本新聞=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ