梅本HKT48卒業 「シンガー・ソングライター目指す」

西日本スポーツ

 ●今月で活動終了
 
 HKT48チームHの梅本泉(18)=写真=が16日、HKT48劇場での「最終ベルが鳴る」公演中に、グループからの卒業を発表した。「夢であるシンガー・ソングライターを目指し、専門的な勉強をする」ことが理由で、活動は12月で終了。劇場公演は、27日がラストとなる。

 梅本は、2012年6月に2期生として加入。まじめで一本気な性格がファンやメンバーから人気で、同期のエース、田島芽瑠からは「初恋の人」と告白されている。アイドルなのに「かわいい」と言われると、必ず赤面して照れるため、劇場公演では「ファンが呼びかける→梅本が照れる」という一連の流れが名物となっていた。

 150センチに満たない身長ながら、振りは大きく一切の手抜きなし。シンガー・ソングライターを志すだけあってギターも得意で、15日のAKB48紅白歌合戦では、HKT48バンドの一員として、プロ顔負けのギタープレーを披露していた。

=2015/12/18付 西日本スポーツ=

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ