松田 逆転残留 背番3用意 王会長の電話で決めた

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクから海外フリーエージェント(FA)宣言していた松田宣浩内野手(32)が残留を決断したことが23日、明らかになった。米メジャー移籍に傾いていたが、入団時の監督でもある王貞治球団会長(75)の慰留の電話が決め手となった。24日に正式表明する。球団はFA宣言前に提示した4年16億円プラス出来高の大型契約に加え、松田の希望を踏まえ今季限りで退団した松中信彦内野手(41)が付けていた背番号3も用意する構えだ。 (金額は推定)

=2015/12/24付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ