ホークス新人合同自主トレ始まる ドラフト1位の高橋、入寮式で決意

西日本新聞

 プロ野球福岡ソフトバンクの新人合同自主トレが9日、福岡市東区の西戸崎合宿所で始まった。ドラフト1位の高橋純平投手(18)=県岐阜商高=らドラフト指名選手は高校生ばかり。故障で合流が遅れている同6位の川瀬晃内野手(18)=大分商高=を除く5人と、育成選手5人が自覚を新たにプロとしての第一歩を刻んだ。

 自主トレに先立って行われた入寮式では、新人選手を代表し高橋投手があいさつ。「切磋琢磨(せっさたくま)して頑張っていきます。よろしくお願いします」と短い言葉に決意を込めた。3月にファーム施設が福岡県筑後市へ移転するため、同合宿所での入寮式、新人合同自主トレは、今回が最後となる。

=2016/01/09 西日本新聞=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ