「1年間中継ぎで」 西戸崎で本格始動 島袋

西日本スポーツ

 2年目の島袋が西戸崎合宿所で本格的に始動した。年末年始は地元の沖縄で過ごし、同郷の東浜とキャッチボールをする機会もあったという。工藤監督からはカーブとスライダーの精度を高めるように指示されており「投球フォームをしっかり固めていきたい。長いイニングより短い方が今の自分には合っているので、1年間中継ぎでやっていきたい」と力を込めた。

=2016/01/14付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ