神社トレで脚パンパン 大隣

西日本スポーツ

 昨年8月の左肘手術からの復帰を目指す大隣が、久々の「神社トレ」に息を切らした。まずは西戸崎合宿所で術後3度目のブルペン入り。捕手を立たせて40球を投げた後、近くの大嶽神社で108段の階段上りと坂道ダッシュを各5本ずつ消化。「何年もやってなかった。もう脚がパンパンです」と汗をぬぐった。左肘の状態も良好で「次は捕手に座ってもらっても大丈夫そう」とうなずいた。

=2016/01/28付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ