スアレスが初ブルペン

西日本スポーツ

 新戦力のスアレスが、今春キャンプで初めてブルペン入りした。捕手に座ってもらい、真っすぐのほか、チェンジアップ、スライダー、カーブを織り交ぜ55球。1月中旬に母国ベネズエラで行って以来だったため、6割程度に力を抑えながら制球重視だった。B組だが工藤監督に視察された右腕は「感触は良かったよ。監督には褒めてもらった。モチベーションが上がる」とほほ笑んだ。

=2016/02/04付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ