“工藤カーブ”で上昇カーブ描く 岩崎

西日本スポーツ

 岩崎が“工藤カーブ”で上昇カーブを描く。今キャンプ自身最多の160球を投じたブルペンで、現役時代にカーブを決め球にしていた指揮官から投げ方を指南された。「スピンをかけて曲げるように、と言われました。苦手な球種。これでカウントを取れるようになれば楽になる」とうなずいた。16日の紅白戦登板に向けては「競争なので結果が求められる」と意気込んだ。

=2016/02/15付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ