復活へ足掛かり “2季ぶり”盗塁 長谷川

西日本スポーツ

 長谷川が“2季ぶり”という盗塁を決めた。1番左翼で先発し、3回先頭で佐藤から中前打。1死後、柳田が空振り三振に倒れる間に二盗を決めた。2014年9月の右足首捻挫、同年オフの手術から長く故障の影響に悩まされ「1年以上走っていない。どこかで試したいと思いタイミングを計っていた」と言う。企図は14年8月30日、成功は同20日が最後で、非公式ながら約1年半ぶりのスチール。「積み重ねて自信をつけていければ」と完全復活の足掛かりにするつもりだ。

=2016/02/29付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ