千賀「0行進」13イニングでストップ 5安打4四球2失点

西日本スポーツ

 6回から2番手で登板した千賀が、今オープン戦でチーム初の敗戦投手となった。6回に2四球、7回に2本の安打を許すと、8回は2本の安打と四球で無死満塁として、岡田の右前先制打と井上の右犠飛で2失点。「走者を出してから自分のリズムで投げられなかった。あんなにテンポが悪いと、攻撃にも影響を与えてしまう。しっかり反省したい」。3回を投げて三者凡退は一度もなく、5安打4四球と本来の力を発揮できなかった。2月の宮崎キャンプから継続してきた対外試合の連続無失点も13イニングでストップした。

=2016/03/16付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ