千賀をもり立てバットも存在感 斐紹

西日本スポーツ

 斐紹が攻守で存在を示し、開幕スタメンにまた一歩近づいた。この日は先発和田を5回まで無失点リード。6回以降も制球に苦しむ2番手千賀を必死にもり立て、ベンチに下がるまでロッテ打線を0点に封じた。「和田さんと相談をしながら、相手の反応を見て配球ができたと思います」。バットでも3回にチーム初安打となる右前打を、相手先発石川から記録。「直球待ちでカーブに反応できた。調子がいい証拠です」と充実感を漂わせた。

=2016/03/16付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ