岡田栞奈が卒業 HKTの青い鳥巣立ちの時

西日本スポーツ

HKT48を卒業した岡田栞奈(撮影・古川泰裕) 拡大

HKT48を卒業した岡田栞奈(撮影・古川泰裕)

 HKT48チームK4の岡田栞奈(18)が22日、自身最後の劇場公演で、約3年半のアイドル人生に幕を下ろした。

 2期生として加入し、劇場公演に400回以上出演。「おかぱん」の愛称で親しまれ、指原莉乃も称賛する愛らしい顔立ちと、元気いっぱいのパフォーマンスでファンに幸せを運び続けた。手首の骨折で休養するなど、けがにも泣かされたが、昨年のAKB48選抜総選挙では、42位に入る活躍も見せた。

 公演では、デビュー当初披露していた「スカート、ひらり」を同期の渕上舞らと歌い踊るサプライズも。締めくくりの曲には「今、君を想う」を選び、泣きじゃくりながら思いを込めた。「たくさんの愛を、ありがとうございました!!」。超満員のファンと多くの仲間に祝福された「HKTの青い鳥」は、色あせぬ「幸せ」を置き土産に、慣れ親しんだ劇場を巣立っていった。

=2016/03/23付 西日本スポーツ=