先制打スタート 内川

西日本スポーツ

 主将内川が、適時打スタートを切った。4番DHで先発した初回1死一、二塁。相手先発則本の初球、内角真っすぐを左前にはじき返す先制打だ。開幕直前に胃腸炎で一時離脱したが、問題ないことをバットで証明。だが2打席目の2回2死満塁の好機に遊ゴロ。チームも敗れただけに「第2打席のところで打っていればよかったけど…」と言葉少なだった。

=2016/03/26付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ