地元開幕ホークス愛熱く

西日本新聞

 プロ野球で3年連続日本一を目指す福岡ソフトバンクホークスは29日、本拠地ヤフオクドーム(福岡市中央区)での地元開幕戦で西武に2-6で敗れた。

 ホークスは、米球界から5年ぶりに復帰した和田毅投手が今季初先発。三回に先制されると、中盤にも失点を重ね、6回4失点で降板。打線も相手先発の岸孝之投手に七回まで無得点。九回の反撃も及ばなかった。

 外野席から声援を送った福岡県宗像市の田北梨紗さん(24)は「今日は負けたが、シーズンは始まったばかり。昨年より期待しているので、きっと3連覇してくれるはずだ」と話した。

 パ・リーグの開幕戦は3年前の上位3チームの本拠地で行われるため、2013年に4位だったホークスは、楽天との今季開幕戦を相手本拠地のコボスタ宮城で戦った。

=2016/03/30付 西日本新聞朝刊=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ