ありがとうHKT48劇場 閉館前最後の公演 感謝込めて大合唱

西日本スポーツ

 ホークスタウン(福岡市中央区)の再開発に伴い閉館するHKT48劇場で31日、最後の劇場公演が開かれた。2011年11月のオープン以来、ほぼ毎日公演を行ってきた「ホーム」との別れに、時を惜しむかのようにHKT初の1日3公演を実施。最後は、4年4カ月分の感謝を込めた「ありがとう」の大合唱で、歴史に幕を引いた。

 最終日は午前中に多田愛佳、宮脇咲良らチームK4が「シアターの女神」を、午後からは指原莉乃、兒玉遥らチームHが「最終ベルが鳴る」を上演。夕方からは、正真正銘ラストとなる全メンバー出演の「移転記念特別公演」を行った。「手をつなぎながら」など全20曲を披露し、消えゆく劇場へのはなむけとした44人は、寂しさを振り払うかのように全力で「HKT48」を歌い、最後まで涙を見せずに走り抜いた。4月28日からは、同市天神の西鉄ホールに拠点を移す。

=2016/04/01付 西日本スポーツ=

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ