松坂きょう実戦登板 「練習との違い感じたい」

西日本スポーツ

 ファームで調整中の松坂が14日のウエスタン・阪神戦(鳴尾浜)で約1カ月ぶりに実戦登板することが決まった。中継ぎで1イニングを投げる予定で、13日は筑後屋内練習場のブルペンで傾斜を使ってキャッチボールをするなど、フォームを入念に確認した。「練習とゲームは違う。その違いを感じたい」と力を込めた。

 昨年8月に受けた右肩手術からの復活を目指す松坂の実戦登板は、3月16日の西武とのオープン戦(西武プリンスドーム)以来。約1年ぶりの1軍戦で2回3安打1失点だった。倉野投手総合巡回コーチは「久しぶりの実戦なので、求めるところは特にない。どれだけバッターに対して投げられるか」と話した。

 14日の試合が悪天候などで中止となれば、翌15日の同・広島戦(由宇)に登板する予定だ。

=2016/04/14付 西日本スポーツ=

【福岡スタイル】ホークス勝ったら街中セール 予告なし、フミヤ生歌も

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ