森 プロ初セーブ

西日本スポーツ

 サファテに代わって“臨時守護神”を務めた森が3年目でプロ初セーブを挙げた。前日まで5日連続登板とフル稼働した助っ人右腕を休ませるため、試合前に工藤監督から起用法を伝えられており、2点リードの9回に登板。島内からの3人を12球で料理し、チームの6連勝を完璧に締めくくった。新人時代からセットアッパーとして厳しい場面を何度も経験してきた右腕は「多少緊張したけど、チームが勝てたし、3人で終われたので良かった。やりがいのある仕事。いい経験にして、これからも良い投球を続けていきたい」と声を弾ませた。試合後、サファテから「ナイスピッチング」と祝福を受けると、「デニス(サファテ)は7、8、9回はどれも一緒と言っていたけど、全然違いました」と笑った。

=2016/05/09付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ