価値ある二塁打 本多

西日本スポーツ

 4試合ぶりにスタメン出場した本多が、価値ある二塁打を放った。2点リードの7回。中村晃が初球、続く高谷が3球目を打って出てわずか4球で2死を奪われたが、石川のシンカーを右中間にはじき返した。「7、8、9番の3人で終わると、相手に流れがいく可能性もあるのでどうにか出塁しようと。そういうところも下位打線の役割」。得点にこそ結び付かなかったが、大きな仕事だった。

=2016/05/11付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ