柳田 弾丸9号 選手名鑑に「俺、載ってないっす」

西日本スポーツ

 激しい衝突音を発した白球は、右翼席で待つタカ党のグラブに収まった。フルスイングした柳田が、ダイヤモンドを1周する。3回2死二塁から先制の9号2ラン。「全勝神話」を刻む柳田の一発が、今季2度目となる先発全員安打での快勝の幕開けを告げた。

 「打った瞬間はどうかな?と思ったけど、入ってくれた。強く振ろうという意識がたまたま本塁打になった。すごくうれしかった」

 マウンドには5月のセ・リーグ月間MVPの石田がいた。広島工高出身で、試合前にはあいさつに来る同郷の後輩とはいえ容赦はない。左腕が投じたカウント2-2からの内角直球に反応し、強烈な弾丸ライナーをスタンドまで運んだ。

 「鳥越(内野守備走塁)コーチにダッシュしろと言われ、やりました。鳥越コーチのおかげで打てたと思う」。試合前練習での一コマ。体の切れを出すために30メートルダッシュを3本入れた。「マックスで走る。気合のダッシュです」。体と心のスイッチを入れた。

 球宴ファン投票の中間発表は15万票を超え、全ポジションでの両リーグトップ。本人も「うそでしょ」と驚く人気だ。1軍で出始めのころ、空港で選手名鑑にサインを求められた。「俺、載ってないっす」。全く違う選手のページを差し出されたのも今は昔。「地元であるし、ありがたいことです」。本拠地福岡での第1戦を心待ちにする。

 今季は本塁打を放った試合で全勝。「打つに越したことはない。でも、そういうのを言うと、次に負けてしまうから」と舌を出した。左投手からの今季初アーチには「たまたまです」。5回は中前打で貴重な追加点。「打球は微妙だったけど、いいところに飛んだ。点を取らないと、流れが変わってしまうと思った」

 6試合連続安打で打率2割9分2厘まで上昇。3打点の活躍で上がったお立ち台では最後にひと言。「今日は鼻毛を抜いているのが、カメラに抜かれたようなので今度から気をつけます」。ドームが沸いたのは言うまでもない。この男、やはり規格外のようだ。 (小畑大悟)

=2016/06/09付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ