連続で押し出し 6回の乱調猛省 中田

西日本スポーツ

 中田は突然の乱調を猛省した。5回まで無失点と好投しながら、6回2死満塁から下位への2者連続押し出し四球で同点とされて降板。2007年から6連敗中の甲子園での登板はホークス移籍後初だったが、相性の悪さを克服できずに「球は走っていたし感じは悪くなかったけど、(6回は)自分で苦しくしてしまった」。今回は中7日の登板で体調も回復。直球は最速150キロをマークしていただけに悔いが残った。

=2016/06/18付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ