シード沖学園初戦敗退 筑紫渡辺投手がノーヒッター

西日本新聞

 第98回全国高校野球選手権福岡大会は10日、南北の計24試合が開催された(うち1試合はノーゲーム)。シードの沖学園が筑前に5-6で敗れる波乱があり、初戦で姿を消した。他のシード勢は九産大九州、小倉、常磐、九州国際大付が初戦を突破した。また、筑紫の渡辺雄大投手(2年)が大牟田北の打線を抑え、ノーヒットノーランを達成した。

 若松と嘉穂の試合は雨でノーゲームとなり、11日午前9時半から中間球場で行われる。11日は19試合が予定されている。

=2016/07/11付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ