西日本短大付、逆転勝ち 大牟田、八女工、三井も4回戦へ

西日本新聞

 第98回全国高校野球選手権福岡南部大会は16日、久留米市野球場などで3回戦計8試合があった。筑後勢は6校が登場し、西日本短大付、大牟田、八女工、三井が4回戦進出を決めた。17日は3回戦に7校が登場する。

 西日本短大付は修猷館に先制を許したが、三回に1点、七回に3点を挙げて4-1で逆転勝ち。先発の谷口碧投手(3年)は完投で13奪三振を記録した。

 早良と対戦した大牟田は1点リードされた四回、鈴見陸斗選手(2年)の2点適時二塁打で逆転、その後も加点し14-5で七回コールド勝ちした。

=2016/07/17付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ