筑前、小倉工が快勝 門司学園は敗退

西日本新聞

 第98回全国高校野球選手権福岡大会は16日、北部、南部ともに3回戦8試合が行われた。シードのうち、九産大九州、西日本短大付、飯塚、希望が丘は4回戦に駒を進めたが、門司学園は八幡南に4-8で敗れた。

 2回戦で、シードの沖学園を破った筑前は武蔵台に、同じく久留米商を破った大牟田は早良に、東筑を破った小倉工は折尾愛真に、いずれも七回コールドで圧勝した。

 17日は北部で4回戦4試合、南部で3回戦8試合が行われる予定。

=2016/07/17付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ