工藤監督びっくり「柳田に匹敵」

西日本スポーツ

 球宴での監督初勝利こそならなかったが、全パの工藤監督は充実の表情で球宴を振り返った。敗れた第1戦に続き先制点を許す展開だったが、中盤から驚異の追い上げでドロー。「白熱しました。選手らの『負けるか!』という気持ちが伝わってきた。勝つことはできませんでしたけど。来年に持ち越し? 来年できることがあれば」と笑った。

 反撃の口火となった大谷のアーチには、ベンチで野球少年のように拍手を繰り返した。「喜んだというより驚いた。大谷君はすごいな。逆方向にあれだけの打球を飛ばせるのは柳田に匹敵する」。二刀流の一発から打線が勢いづき、昨年の球宴初采配からの連敗は「3」で止まったが、再び敵となる後半戦は「打者大谷」への対策がチームの課題となりそうだ。

=2016/07/17付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ