牛深 接戦制す 秀岳館、済々黌も16強

西日本新聞

 第98回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は17日、藤崎台県営野球場(熊本市)と県営八代野球場(八代市)の2会場で、1回戦1試合と2回戦5試合があった。

 全国選抜大会ベスト4で第1シードの秀岳館が登場。継投策で熊本西の攻撃をかわし、3回戦に進出した。済々黌は人吉を無得点に抑え、熊本工、熊本二も、それぞれ八代東と天草を破り16強入りした。

 牛深対宇土は緊迫した好ゲーム。牛深が八回に2点を挙げて再逆転し、接戦を勝ち上がった。東稜は1回戦で矢部にコールド勝ちした。

=2016/07/18付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ