窮地で157キロ!33S サファテ

西日本スポーツ

 8月初登板となったサファテは、ピンチを招きながらも33セーブ目を挙げた。3点リードの9回に登板すると、1死から渡辺に中前打を許し、迎えた代打メヒアは157キロで空振り三振。上本の中前打で一、二塁とされても、金子侑を再び157キロで左飛に打ち取った。酷暑の中で冷や汗?もかき6戦連続のセーブ成功。「暑いのは平気だ。調子はいい。また明日、頑張るぜ」と日本ハム戦へ気勢を上げた。

=2016/08/05付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ