大分主将「初戦楽しみ」 甲子園で開会式リハーサル

西日本新聞

 第98回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが6日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、県代表の大分も全国の代表校とともに入場行進を練習。あこがれの球場の雰囲気を確かめるように歩いた。

 リハーサルは本番の流れに沿って行われ、代表校は南から順に入場。大分ナインは代表校では4番目に登場し、姿勢や手足の動きを確認しながら行進した。木田陸人主将(3年)は「気持ちがよかった。いよいよ開幕。初戦が楽しみです」と胸を高鳴らせた。

 ナインはこの後、兵庫県西宮市の大阪ガス今津総合グラウンドで汗を流した。守備練習では8日の初戦でぶつかる中京(岐阜)の長打力を意識。和田風吾右翼手(3年)は「外野陣で話し合い、いつもより深い守備位置でノックを受けた」と話した。

=2016/08/07付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ